天地真理郎(あまちまりお)の「"あっ"という間の包茎手術は20歳未満に治しなさい!」

生涯一度の包茎手術。安全は?時間は?痛みは?金額は?良い病院は?そんな悩みを解決します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |TOP


包茎(ほうけい)とは・・・

包茎は、男の子のおちんちんの先が皮をかぶった状態をいいます。
おちんちんの胴の先っちょよりの部分をつまんで身体の方にそっと寄せてみると、先がめくれて亀頭が顔を出したら仮性包茎、剥けなければ真性包茎ということになります。
生まれてすぐの赤ちゃんのほとんどが包茎です。
大きくなるにしたがって、おちんちんも成長して3才ごろには90%の子が剥ける様になるといわれています。
したがって、3〜4才までに皮が剥けるかどうか一度は確認することが必要です。
これは父親の義務と考えてください。
亀頭が出れば一安心です。
少しでも亀頭がのぞけば、まず大丈夫。
急いで手術を考える必要はないでしょう。
ただし、やたらと我が子の性器の状態を気にしないことです。
子供が気にしだすと精神発育上よくありません。
父親が一緒に風呂に入ったとき、ちらっと確認すればよいのです。
包茎(ほうけい)とは・・・ |TOP




| TOPページへ戻る|

PR


PR-2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。