天地真理郎(あまちまりお)の「"あっ"という間の包茎手術は20歳未満に治しなさい!」

生涯一度の包茎手術。安全は?時間は?痛みは?金額は?良い病院は?そんな悩みを解決します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |TOP


仮性包茎(かせいほうけい)の場合・・・

圧倒的に多いのがこのケースです。
まず1歳までは様子を見ましょう。
幼児のうちに手術で皮が完全に捲れてしまうのはあまりよいことでもないので、手術は早まらないでください。
17才になると99%が剥け、結局真性包茎は1%といわれています。
手術をせずに治そうとして、無理に剥いたりは決してしないこと。
無理に剥くと、炎症をおこし癒着をして後天性の真性包茎になることもあります。
自然に包皮の部分と亀頭の部分の間に隙間ができていますから、中に溜まった汚れや垢を、週に一度くらいはお風呂の中で剥けるところまで優しく剥いて、お湯で洗ってあげてください。
石けんを使うと、石けんが隙間に残って包皮炎の原因になることがありますので注意してください。
包茎だと、将来男性として機能しないのでは?と考えている人もいますが、そういうことは決してありません。
ただ包茎だと、尿路感染症をおこしやすい、陰茎癌になりやすい、 性行為感染症を貰いやすい、といわれてるのも事実です。
仮性包茎(かせいほうけい)の場合・・・ |TOP




| TOPページへ戻る|

PR


PR-2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。