天地真理郎(あまちまりお)の「"あっ"という間の包茎手術は20歳未満に治しなさい!」

生涯一度の包茎手術。安全は?時間は?痛みは?金額は?良い病院は?そんな悩みを解決します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |TOP


亀頭包皮炎という病気・・・

亀頭と包皮の間に黄白色の恥垢が溜まり、細菌が繁殖して包皮が炎症を起こす病気です。
包皮が赤くなったり、おしっこのときにしみて痛くなったりします。
入浴の際、赤ちゃんのときは包皮を剥いてまでおちんちんを洗う必要はありません。
無理に引っ張ると切れてしまうこともあります。
1歳頃までは体の他の部分と同じように丁寧に洗って清潔にしておけばいいのです。
包皮の先から膿が出たり、オムツに血液がつくような場合は、早急に受診が必要です。
亀頭包皮炎が原因で、尿路感染症を起こすことがあります。
治療には抗生剤の塗り薬を使います。
亀頭包皮炎という病気・・・ |TOP




| TOPページへ戻る|

PR


PR-2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。